うつ病の治療には正しい認識を持つことが必要

違いについて

看護師

うつ病と抑うつ状態には大きな違いがあります。この違いが分かれば、適切な対応を取ることができるでしょう。基本的に、抑うつ症状は多くの方が経験する症状です。嫌なことがあったり、悲しいことがあると落ち込んでしまうでしょう。これが、抑うつ状態です。一過性の抑うつ状態の場合は、時間が経てば回復します。また、趣味などで気分転換をすると症状は良くなるでしょう。そのような理由から、この病気は甘えだと考える方も多いのです。しかし、うつ病と抑うつ状態には違いがあるので病気の場合はしっかりとした治療が必要になります。基本的な違いとしては、うつ病は憂鬱になる病気で、抑うつ状態は憂鬱な気分になっている状態のことです。この2つは、似ているようですが実は大きな違いがあります。特に大きく違う所は、症状の重さです。病気の方がより抑うつ症状が重くなってしまいます。抑うつ状態の場合は、一過性の場合が多いので症状も軽いのです。健全な精神活動の一種なので、抑うつ状態に関しては特に治療は必要ないでしょう。例えば、嫌なことがあったり、悲しいことがあると気分が落ち込みます。抑うつ状態なら、上記でも説明したように時間が経つか、気分転換によって症状は回復するのです。しかし、病気の場合は抑うつ症状が長期間続きます。時間が経てば経つほど症状も重くなっていくので、自分でどうにかすることは困難になるのです。自分で症状を改善することができないので、憂鬱な状態が長い間続きます。このような違いを知るだけでも、病気の予防や早期発見に役立ちます。そして、うつと抑うつ状態の違いには症状の強さなども挙げられるでしょう。一般的に気分が落ち込んでしまうと、悲観的になり物思いに耽ってしまうことがあります。ネガティブな勘違いや誤解をしてしまうことがあるでしょう。ですが、一過性の抑うつ状態なら他人からの指摘、勘違いや誤解があれば間違いを受け入れることができます。日常生活にも特に影響を及ぼすことはないので治療は必要いらないでしょう。ですが、うつの場合だと、妄想状態に陥ることが多いのです。現実と妄想の違いが分からなくなり、妄想の方を優先した行動や考え方をするようになります。日常生活にも妄想が影響を及ぼしてしまうのです。特に、妄想状態の場合は、勘違いや誤解を間違いだと認めることができません。他人からの指摘や、間違いである証拠などを突きつけられても、自分の勘違いや誤解が正しいと思い込んでしまうのです。現実よりも妄想を優先させてしまい、仕事や勉強、日常生活にも支障をきたすので専門の医療機関で治療する必要があります。うつ病と抑うつ状態の違いが分かることで、病気の予防や早期発見に役立てることができるのです。