うつ病の治療には正しい認識を持つことが必要

やってはいけないこと

女医

身近な方がうつ病を患ってしまった場合は、周囲の方のサポートがとても重要になってきます。一般的にこの病気の治療には長い時間がかかってしまうので、周囲の人間のサポートはとても大切なのです。基本的にうつ病の患者にやってはいけないことがいくつかあるので、注意するようにしましょう。余計に治療が長引いてしまう原因になってしまうのです。基本的にこの病気は、ストレスが原因とされています。特に社会人の場合は、自分の限界以上に頑張ることでストレスを溜め込んでしまうのです。自分の許容範囲を超えたストレスを溜め込むことで心を健康に保つためのエネルギーが不足し、病気を発症してしまいます。原因としては、ストレスを自分一人で抱え込んでしまうことです。自分一人でストレスをどうにかしようと頑張りすぎてしまうため、限界を超えてしまいます。そこで注意したいのが、患者に対して「頑張れ」という事です。一般的に病気の治療をしている方に「頑張れ」ということは多いでしょう。ですが、うつ病の場合は「頑張れ」という言葉をプレッシャーに感じてしまいます。この病気の患者はとてもデリケートなのです。上記でも紹介したことですが、この病気の患者は自分の限界を超えて頑張り続けた結果、病気を発症しています。「頑張れ」と言われると「こんなに頑張ったのに、まだ頑張る必要があるのか」と解釈してしまい、余計に症状が悪化するのです。「もっと頑張らなくてはいけない」と思い、更に限界以上に頑張る方もいます。この病気の治療で大切なのは、休養と周りの方のサポートです。「頑張れ」と言われるとプレッシャーを感じてしまい、十分な休養が取れなくなってしまうでしょう。治療が完了するまではそっとしておくことが大切になります。ストレスから引き離すことで、早く病気を治すことができるのです。治療中の方が周りにいる場合は「頑張れ」と言いたくなっても、こらえるようにしましょう。そっと見守ることで、患者も治療に集中できるのです。また、病気になった原因を探るのは止めましょう。基本的にうつ病の患者は、病気になる原因を把握していないことが多いのです。自分でも分からないことを探られると、パニックを起こしてしまうことがあります。また、悲観的になっていることが多いので、病気の発症に関係のないことでも関係があるかもしれないと思い込んでしまう恐れがあるのです。関係のないことにまで心当たりを持つようになると、余計に原因を特定できなくなります。原因の特定は専門の医師がカウンセリングを通して行うので、素人が無闇矢鱈に首を突っ込んではいけないのです。うつ病の治療にはかなりの神経を使います。患者に早く良くなってもらいたいと思っている方は、患者にやってはいけないことに十分注意をしましょう。