うつ病の治療には正しい認識を持つことが必要

栄養バランスの良い食事

カウンセリング

ストレスとの関わりが深い病気として有名なのがうつ病です。この病気の治療には、食生活を整えることが必要とされてきています。現在ではまだまだ理解されている方も少ないですが、最新の研究では食生活がうつ病と深く関わってきていると言われているのです。海外では、食生活と病気の関係に対する認知度が高まってきており、食生活の改善に取り組む方も増えてきています。まず、この病気の患者が摂取するべき食事として挙げられているのが、地中海料理や和食です。一般的に欧米では地中海料理が健康食として知られています。理由としては、野菜や果物、魚介類や穀物に豆類を多く利用するからです。オリーブオイルもよく利用されます。肉や乳製品を利用した食事は少ないのです。最近では和食も健康食として欧米で注目を集めるようになり、肉や乳製品の利用が少ないとイメージされています。基本的にこの病気の治療には、栄養バランスの取れた食事が好ましいのです。だからといって、肉や乳製品を全く取らなくなると逆効果でしょう。あくまでバランスが大切なのです。日本人の場合は、伝統的な日本食を治療に取り入れることで、病気の回復に役立てることができるでしょう。ただ、和食の場合は塩分が多くなりがちなので気をつける必要があります。更にカルシウムも不足しやすいので、適度にカルシウムを補給することが大切です。うつ病の治療中に必要な栄養素としては、ビタミンや必須アミノ酸、ミネラルや脂肪酸などが挙げられます。基本的にバランスの良い食事から摂取するようにしましょう。専門の医療機関では、食事メニューを指導してくれる所もあるので、相談してみるとバランスの良い食事が取れるようになります。最新の研究ではビタミンB群の不足がうつ病の発症などに影響していると言われており、食事からの摂取が推奨されているのです。そしてミネラルの不足も病気の発症に関わってきます。一般的に魚や卵などからミネラルを補給することができるでしょう。鉄や亜鉛を意識して摂取することが大切です。アミノ酸は良質なたんぱく質から摂取するのが大切で、肉や魚、大豆などから摂取することができます。気分が落ち込む原因は必須アミノ酸の不足にあると言われているので、この病気の治療には大切な栄養素なのです。脂肪酸に関しては、DHAやEPAが有名で、主に青魚に多く含まれます。基本的に不飽和脂肪酸を摂取するようにしましょう。DHAやEPAは脳の神経系に対して重要な働きをする栄養素です。栄養バランスの取れた食事は腸内環境を整える効果もあります。腸内環境とストレスには深い関係があるので、腸内環境を整えることでストレスを軽減することができるでしょう。うつ病の治療には、食生活を整えることも大切になります。